おたまじゃくしが沢山です!

 田んぼには、いろいろな生き物がいます。田んぼはお米だけではなく、他の多くの生き物が育つ場でもあるのです。

 麦飯活土を入れている黒川田口さんの田んぼを見に行きましたら、オタマジャクシがたくさんいました。田口さんの田んぼでは6年前から麦飯活土を入れていて、山の落ち葉や、畦の草、牛糞などを肥料にしています。田んぼではワラなどの植物の枯れたものや、動物の糞尿などの有機物を、細菌や糸状菌、ユスリ蚊の幼虫が食べます。その排泄物を植物性プランクトンや藻類が吸収します。それをミジンコが食べ、ヤゴがミジンコを食べます。オタマジャクシはユスリ蚊の幼虫や藻類や草を食べます。そしてヘビやサギに食べられます。親のカエルは、虫が大好物です。とくに田んぼの水の上に落ちるウンカは格好の食べものです。アマガエルは、イネミズゾウムシをかなり食べてくれているようです。こういう連鎖がいい田んぼと言えないでしょうか。

 田んぼは、人間の手づかずの原生自然よりも、よほど生き物が豊かな「自然」だと言えます。なぜなら、多くの生き物が田んぼに集まってくるからです。そして、親カエルはオタマジャクシが元気に育つ場所として、この麦飯活土が入った田んぼを選んだのでしょう。麦飯活土とは多くのミネラルを含む麦飯石を粉末にしたもので、植物の生理活性を高めたり、酸性やアルカリ性を中性に近づける緩衝能力、土壌や水の浄化能力などの多様な機能があります。麦飯活土を使った田んぼでは緑の藻が一面に発生してオタマジャクシ、アメンボ、ヤゴ…いろんな昆虫たちが姿を現していきます。